ぶれない アトリエに・・・思い浮かぶシェフの顔が

Cocochi姉妹店  大阪 オンブラージュのアンリです

 

お早うございます。

 

ゴールデンウィーク。好天気に恵まれました。

雨続きで、肌寒いだったころとは違い、

ジャケットすら脱いで、公園駆けまわりたい陽気です。

 

桜で薄ピンク色だった街路も、

今は花水木の薄紅色や、つつじの濃ピンクや白に。

季節の移りを感じます。

 

小野原付近には、隠れたステキなお店が数多くあります。

そして、オンブラージュ(個人的にも)と相思相愛のお店も。

その中の、「ぷくぷく」パン屋さんの紹介を。

 

20150222 033

 

雑貨屋さんのような白い小さな建物。

前から気にはなっていたけど

お店が開いている様子がない・・・。

 

それもそのはず、

20150222 029

 

金、土、日、の3日間だけ。

 

昨日も、9時半にお店に着いたら、すでに、車が1台。

店内に入って、パンを選んでいると、

次から次へとお客様が。

 

自家製の酵母パン。

オーナーさん、長期休業取られてドイツにパン修行にもいかれるそうです。

とてもとても美味しく、ありがたい気持ちになります。

20150222 017

(右側がオーナーさん)

 

レジ横には、オンブラージュのフォトスタンド。

20150222 019

ショップカードや案内を立てて下さっています。

 

20150222 023

実は、これは、お客さまからの、ぷくぷくさんへの

プレゼントとしてオーダーして下さいました。

 

黄色のイメージで、

ナチュラルな野花で・・・・。後はおまかせ!

 

その時には、どちらへのプレゼントか聞かされていなかったので、

わぁ~難しいと思いながら、制作。

20150222 019

レジ横にちょこんと。

サイズもお店の雰囲気にもぴったりでした。

そして、オーナーさんの人柄にも。

とてもとても喜んで下さり、胸いっぱいになりました。

 

20150222 020

可愛い棚にも、オンブラージュのショップカードを

置いてくださっていました。

ありがとうございます。

20150222 022

午後には、パンは完売することも。

すご~い人気。

 

オーナーさん、お忙しい中、

オンブラージュに来て下さり

入口扉のリースのオーダーを。

20150325 006

ユーカリの葉に、エクリュ色のあじさいとベリー。

シンプルだけど、ずーっと飽きないリース。

「ぷくぷく」さんのパンのコンセプトと同じ。

 

ぶれない・・・・。

 

オーナーとして大事なところ。

長く愛される、長く続いているお店の真髄だと思います。

 

簡単なようで難しい。

 

私自身、好きなことを仕事に。

ストレスフリーです。

しかし、オーナーとしては毎日いろいろ考えますし悩むことも。

 

 

Cocochiのお花とは別分野で

こんな時、いつも頭に浮かぶ方がいます。

谷町3丁目にある「コションローズ(旧パリ・オランジュ)」のオーナーシェフ。

森田シェフ。

私が、最高に好きなお店です。

お店は、オーナーの好みや考え、拘りが全て反映します。

それは、他人と比べるものではなく、自分自身の表現でもあります。

それを貫いていらっしゃるのです。

支えていらっしゃる奥さまも大好きな方。

 

とても有名な方&お店なのですが、

お忙しい中、快くお話してくださる機会も。

オンブラージュの始まりは、この場所からで、

オープン直後に報告にもいきました。

 

その後、シェフのブログにこんな嬉しいコメントが。

月に1度くらいしか更新されないのに・・・

嬉しくて、涙とまりませんでした。

 

おこがましく、照れ恥ずかしくて・・・。

自分のブログで紹介するのは・・・・

 

そんな気持ちでいましたが。

 

今あらためて

Ombrageオンブラージュと名付けたアトリエを

長く愛されるアトリエにしたいと。

 

人間力、技術、センスを磨きたい私です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Ombrage オンブラージュとは・・・・仏語で 木かげ という意味です。

木かげにあるベンチを見つけたら,ふと座りたくなりませんか。

涼しく心地よい風、サラサラという葉っぱのささやき、

時折り差込むキラキラした光の中

本を読む・・・・

好きな人と語らう・・・

音楽を聴く・・・・

子どもとおやつの時間に・・・

もの想いにふける・・・・

知らない方に“お隣に座ってもいいですか”と声を掛けられても

きっと笑顔で“どうぞ”と応えるでしょう。

そんな優しい気持ちになれると思います。

木かげで生まれた会話やストーリー、大切で心地よい時間。

私達、Cocochi Ombrageオンブラージュがそんな場所でありたいと願いを込めて。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

Cocochi姉妹店  大阪

Cocochi ombrage オンブラージュ   アンリ

〒562-0031 箕面市小野原東5-4-12 小野原サンハイツ2F

TEL 072-735-7475

 

オンブラージュはウェディングアイテム・コサージュ・アクセサリーなど装いに合わせて、“あなた色の花”を形にできるアトリエです。

 

26. 4月 2015 by ombrage
Categories: その他, ひとり言, リース | Leave a comment

Leave a Reply

Required fields are marked *