sakura

 

お花見日和かな・・・と

思っていた週末は 残念ながら雨でした。

 

雨で散る桜は「桜流し」と呼ばれ

満開のころに限って降るような気がしています。

 

 

桜の季節に

必ず口ずさんだり、思い出す歌が

それぞれにあると思います。

 

私にとっての

桜ソングは

 

01

 

ドリカムの「めまい」

 

シングルでの発売はなかったので

知らない方も

きっと多いのでは と思います。

 

映画のワンシーンのような

切ない歌詞に

胸が熱くなります。

 

(歌詞です)

降るように突然に 車の上 桜が散ってる
エンジンをあなたがかけたら 小さく一緒に震えた

いろんなことを ぶぁっと思い出した
初めて撮った ツーショットの写真 ピンぼけのポラロイド

どんな どんなふうに あなたがわたしの
電話番号聞いてきたか 何度もからかった

・・・・・・・(後略)

 

「いろんな~~~~~」の長いフレーズ。

ここにいっぱいの思い出が詰まっていて

「ぶぁっと」の言葉に

走馬灯のように

一気に吹き出した様子が

うま~く表現されています。

 

桜の花が

一気に咲きだす様子とも重なります。

 

是非、機会があれば聞いてみてください。

美和さんにしか歌いこなせない

切なく美しい 心にささる曲だと思っています。

 

 

さて、

春は出会いと別れの季節。

 

うちの長男も東京転勤になりました。

今日から赴任です。

 

1週間前に辞令が出て

その日の夜から昨夜まで 連日の送別会。

 

出発の日も 息子は朝帰りで

仕事だった私とはすれ違い。

 

見送りもできずまま 東京に。

 

ラインで

「東京ついたら連絡するね!」

の軽い挨拶・・・・(/ω\)。

 

何だかな~・・・と。

今更ながら、子育て間違ったかな~とも。

 

仕事から帰宅すると

部屋に 荷造りした段ボールが。

 

いつも散らかっている息子の部屋が

いつになく綺麗に。

荷出しをしてしまったら

もっと実感するんだろうな。

 

昨日まで全くと言っていいほど

引越準備をしない事に 呆れていた私。

 

「絶対、手伝ってやらないから・・・」と

思っていたのに

新しい段ボールに

シャンプー、洗剤・・・など

日用品や食料品を詰めている自分に苦笑い。

 

親バカ、またまた甘やかし・・・です。

 

 

初めて親元から離れて一人暮らし。

新天地でいっぱい苦労もするでしょう。

すべての経験が人生の糧に。

 

良識は身に付けてほしいけれど

頑張り過ぎず

自分らしく

そして

苦しい時には

意地を張らず HELPを求めるようにね!

 

 

満開の桜の季節に

また 忘れられない 思い出が一つ増えました。

 

 

作品集はインスタグラムボタンまたは♯ombrage7475から閲覧できます。

 

 Ombrage オンブラージュ   

〒562-0031 箕面市小野原東5-4-12 小野原サンハイツ2F

TEL 072-735-7475

 

オンブラージュは

ウェディングアイテム・コサージュ・アクセサリーなど装いに合わせて、

“あなた色の花”を形にできるアトリエです。

10. 4月 2017 by ombrage
Categories: ひとり言 | Leave a comment

Leave a Reply

Required fields are marked *